本を読む楽しさを貴方に

インフォメーション詳細

文禄堂高円寺店5月24日(水) 写真家 梅佳代 × 漫画家 大橋裕之 トーク&サイン会

2017/05/01イベント終了しました

【新着イベント】
『ナスカイ』×『ゾッキA』『ゾッキB』W刊行記念
写真家 梅佳代 × 漫画家 大橋裕之 トーク&サイン会

写真家梅佳代さんが、全寮制の中高一貫男子校に通う10代の少年たちの日常を切り取った写真集『ナスカイ』。
漫画家大橋裕之さんの幻の初期作品群を上下巻にまとめた短編集『ゾッキA』『ゾッキB』。
同世代で共通の知り合いも多いということもあり、梅佳代さんと大橋裕之さんはお互いの存在や作品についてはもちろん知っていたものの、これまでじっくり話す機会がなかったと言います。
そんなお二人の新刊の発売を記念して、今回トークイベントを開催する運びとなりました。
創作のアイデアはどこから? 普段意識していることは? 写真家と漫画家、ジャンルは違えど、我が道を貫く表現者であるお二人に語っていただきます。


※対象書籍をご購入頂いた方は、トークショー終了後のサイン会にご参加いただけます。

■ サイン会ご参加条件(下記を満たしている場合ご参加できます)
・本イベントのチケットをお持ちの方。
・対象書籍を当店でお買い上げの方。
(前日までにご購入の方はレシートをご持参ください)

対象書籍:

梅佳代さん
『ナスカイ』(亜紀書房)。

大橋裕之さん
『ゾッキA』『ゾッキB』(※『ゾッキB』は2017年5月19日発売予定)、
『遠浅の部屋』『ザ・サッカー』(以上カンゼン)。


※また、文禄堂荻窪店BOOKROUTEにて大橋裕之さんの選書フェアも開催します。
展示期間:5月19日(金)~6月30日(金)、
営業時間:9:00~25:00(日・祝日は10:00~24:00まで)
入場無料


■プロフィール
梅佳代(うめ・かよ)
写真家。1981年生まれ。石川県出身。
〈男子〉、〈女子中学生〉で、キヤノン写真新世紀連続受賞。
2006年に初写真集『うめめ』(リトルモア)を刊行、翌年第32回木村伊兵衛写真賞を受賞。
以降主な著書に、『男子』『じいちゃんさま』『ウメップ』(リトルモア)、『のと』(新潮社)、共著『うめ版 新明解国語辞典×梅佳代』(三省堂)など。
近作に『白い犬』(新潮社)。
2013年には東京オペラシティアートギャラリーにて個展「梅佳代展 UMEKAYO」を開催。
国内外の媒体や展覧会で作品を発表している。

大橋裕之(おおはし・ひろゆき)
漫画家。1980年生まれ。愛知県蒲郡市出身。
2005年から『謎漫画作品集』、『音楽』、『週刊オオハシ』全10巻(2006年~)などの自費出版漫画で本格的な活動を開始。
現在、『TV Bros.』(東京ニュース通信社)、『EYESCREAM』(音楽と人)、『CDジャーナル』(音楽出版社)、『フットボール批評』(カンゼン)、WEBマガジン『トーチweb』などで連載中。
単行本『シティライツ』全3巻(講談社)、『音楽と漫画』(太田出版)、『夏の手』(幻冬舎)、『遠浅の部屋』『ザ・サッカー』(カンゼン)、『太郎は水になりたかった』1~2巻(リイド社)発売中。


■書籍紹介

『ナスカイ』
梅佳代 著
9784750515045
B5、88P、定価:1,996円+税
発売日:3月4日

写真家・梅佳代の今作のテーマは、全寮制の中高一貫校に通う男子生徒たち。
“ナスカイ”こと那須高原海城中学校・高等学校を梅が初めて訪ねたのは2010年、栃木県の那須高原で開催された芸術祭のための取材だった。
「新しい紳士たれ」の理念のもと、丘の上にあるキャンパスで中学1年生から高校3年生までの少年たちが学んでいた。
時は巡り2012年春、再会の機会がやってきた。ただし、彼らは那須でなく、東京の多摩にいた。
2011年の東日本大震災で校舎が被災し、「いつかは那須に」の思いを胸に、新たな地にキャンパスを移し再スタートを切ることになったのだ。
授業、体育祭、文化祭、寮の部屋、卒業式――「会うたびに印象が変わる」10代、移りゆく季節を駆ける少年たちの姿を梅佳代はカメラに収めた。
しかし、福島第一原子力発電所事故の影響もあり、学校は那須キャンパスでの授業再開を断念、新規の生徒募集を行わないことに決めた。
そして2017年3月、ナスカイはその歴史に幕をおろした。

『ゾッキA』
大橋裕之 著
9784862554024
A5、200P、定価:1,300円+税
発売日:4月18日

漫画家・大橋裕之の自費出版時代の幻となっていた作品を上下巻『ゾッキA』『ゾッキB』(※ゾッキBは」2017年5月19日発売予定)にまとめて刊行。
「謎漫画作品集」「週刊オオハシ」などの自費出版漫画集、漫画誌、ミニコミ誌などに掲載された活動初期の作品などを選りすぐり収録している。
大橋裕之の上京前、実家で悶々としながら最少の線で表現される漫画からは、摩訶不思議なのにリアルな大橋作品の原点が投影され、その才気がほとばしる短編集となっている。
『ゾッキA』には単行本用の描き下ろし「遠浅の部屋から~2006 逃避~」に加え、ロマン優光氏による解説も特別収録。
作家の長嶋有氏、ライターの武田砂鉄氏が推薦文を寄せている。

『ゾッキB』
大橋裕之 著
9784862554031
A5、200P、定価:1,300円+ 税
発売日:5月19日予定 

漫画家・大橋裕之の自費出版時代の幻となっていた作品を上下巻『ゾッキA』『ゾッキB』にまとめて刊行。
「謎漫画作品集」「週刊オオハシ」などの自費出版漫画集、漫画誌、ミニコミ誌などに掲載された活動初期の作品などを選りすぐり収録している。
大橋裕之の上京前、実家で悶々としながら最少の線で表現される漫画からは、摩訶不思議なのにリアルな大橋作品の原点が投影され、その才気がほとばしる短編集となっている。
『ゾッキB』には単行本用の描き下ろし「遠浅の部屋から~2006 上京~」に加え、大橋裕之とシンガーソングライター・前野健太氏との対談も特別収録予定。


■ 会場:文禄堂高円寺店(東京都杉並区高円寺北 2-6-1 高円寺千歳ビル1F)

■ 日時:2017年5月24日(水) 19:30~21:00(19:00 開場)  

■ チケット:1,000円+1ドリンクオーダー制 (当日精算) 定員50名様

■ 予約方法:Peatix(http://peatix.com/event/261091/view)、店頭、電話にて受け付け



■注意事項
・受付開始はイベント開始30分前とさせていただきます。
・受付はレジ前で実施致します。入場・サイン会は受付順とさせていただきます。
 ※peatixの受付番号とは異なります。店頭での受付(ご精算)の順番でご案内させていただきます。
・対象商品は数に限りがございます。品切れの際はご了承ください。
・サイン会は列が途切れ次第終了とさせていただきます。
・諸事情により開始時間が遅れる場合がございます、予めご了承ください。
・イベント会場のスペースの関係上、大きいお荷物は事前にコインロッカー等にお預けくださいますようお願いいたします。イベント会場ではお荷物のお預かりはできません。
・イベント会場内外で発生した事故・盗難等には主催者・会場・出演者は一切責任を負いません。貴重品は各自で管理してください。
・イベント実施につき、スタッフ・係員の指示及び注意事項に従っていただけない場合は、ご入場をお断りする場合がございます。またご退場を願うこともございます。
・当日はメディアの取材が入る可能性があります。カメラに映り込む可能性がございますので予めご了承の上ご参加ください。
・イベント会場までの交通費や宿泊費などはお客様のご負担となります。
・天災などの不測の事態により、イベントが予告なく中止もしくは延期となる場合がございます。その場合でも会場までの交通費や宿泊費などは補償できません。予めご了承ください。
・上記の内容にご賛同いただけない場合はイベントにご参加いただけません。
何卒ご理解、ご協力くださいますようお願いいたします。

  • 写真家 梅佳代 × 漫画家 大橋裕之 トーク&サイン会