本を読む楽しさを貴方に

文庫詳細

  • シャッター通りの死にぞこない
    • シャッター通りの死にぞこない

    • 福澤徹三
    • 出版社/双葉社
    • 価格/本体657円+税
    • ISBN/9784575517989

     持ち逃げした三千万円を抱えた元ヤミ金の男が、流れ着いた先のさびれた町で嘘をついたらなぜか信用されてしまう。さらには持ち逃げした金までもが消えてしまい、金の行方を追うために商店街の存続を賭けた町おこしに加わる。セレブ来る!とか恋愛成就!などとでっちあげて働くふりをしながら、やはり金のために再開発推進派の裏工作を仕掛ける。
     そうはいっても、洋品店の女主人に惚れたという理由でダラダラと居座り、ときたま罪悪感にかられては焦り、悪夢にうなされ、どこまでも悪党になりきれない主人公の、終盤で明かされる本名に思わずニヤリ。
     酔っ払いの武勇伝のようなどうでもよさでも、週明けの憂いを抱えた頭にはいっそ心地良く。自らゾンビロードと蔑み寂れた町で一等馴染んでしまった男の結末をぜひご一笑して頂きたい。その後でじわりと切なさが込みあげても明日には何も覚えていなくていいんです、何せフィクションですから。

    (一番町店 文庫担当)