本を読む楽しさを貴方に

文庫詳細

  • 現代思想の遭難者たち
    • 現代思想の遭難者たち

    • いしいひさいち
    • 出版社/講談社
    • 価格/本体900円+税
    • ISBN/9784062923644

     手塚治虫文化賞の傑作マンガついに文庫化。「わからなくても大丈夫」と帯に書いてあるとおりかなり難解、マンガだからとなめてかかると確実に「遭難」します。
     それもそのはず、本書は「現代思想の冒険者たち」という1巻で1人の思想家を取り上げる全31巻のシリーズの小冊子(おまけ)から生まれた作品で、現代思想を理解している人、しようとしている人に向けて描かれたマンガだからです。
     難解やむなし。
     しかしそこは希代のエンターテイナーいしいひさいち。1人5話の4コマで、思想家のひととなりを「となりの山田君」的キャラクターに変換し親しみやすく紹介、その思想をボケと突っ込みで笑いに変えていきます。
     だいたい「ドゥルーズの器官なき身体」というお題で何か面白い話(4コマ)を作れと言われて、できますか?そんなアクロバティックな芸ができるひとは、いしいひさいちだけ。もし笑点の大喜利でこんなお題が出された日には手を挙げる解答者皆無、会場は沈黙に包まれるでしょう。
     現代思想特有の難解な用語がとびかうマンガに「わかんないなあ」と思いつつも、センスのいいギャグに魅了されたあなたは読了後、こう叫ぶことになるはずです。
    「おい、(となりの)山田君、いしいひさいちに座布団10枚!」

    (早稲田店 文庫担当)